1. 金型設計/2D・3D CADを使った図面作成

製品を造るための金型設計を行います。お客様からの製品図面を元にどの機械で、どんな工程で生産するのかを決め、各工程の金型の詳細な形状を示した部品図を作成します。2D・3D CADを使用しながら、分かりやすく全ての人が同一の解釈が出来るような図面であることを心がけています。

2. 新規金型トライ(試作)

作製した金型で、狙い通りの製品が想定通りに生産できるか試作を行います。オペレーターの方と協力して行いますが、場合によっては金型破損といったような事故が発生することもあるので慎重に1工程ずつ製品の出来映えを確認します。トライは毎回目的を設定して行うので、終了後は目的が達成できたか?残された課題は何か?今後どのように進めていくのか?などをまとめた試作記録を作成します。

3. 既存製品の改善

すでに量産を行っている製品の不具合の解消やコストダウン案検討なども技術部の仕事です。改善を行う際は、オペレーターへの聞き込みや金型などの現物確認のため工場へ足を運びます。三次元測定機、金属顕微鏡、ワンショット測定器など様々な設備を駆使して情報を集め、問題の原因を究明し改善案を検討します。理論や仮説を立てることも大事ですが、現物を確認し実際に触れることも大事であると考えています。

他の若手社員がどんな仕事をしてるかチェック!

品質保証部 検査係 Kさん / 2019年入社

品質保証部の仕事

自動車部門 1班 Tさん / 2019年入社

製造部の仕事

製品・採用については
下記よりお気軽にお問い合わせください。